2008年02月27日

Bjork Live In Japan 2008

この1週間は、ビョークウィークでした CD

来日ライブはLive 8以来3年振り、フルセットライブはフジ以来5年振り、
単独のライブとしてはヴェスパタインツアー以来7年振りとなり、
そして武道館ライブはというと、何とポストツアー以来12年振りでございます。
また東京と苗場以外でのライブも同じく12年振りに行われ、しかも12年前
のIMPホールから間近の大阪城ホールという因縁もありです。

ビョーク来日公演は、まさに今年の最大級のイベントなのです。


ビョークのライブといえば、数曲の入れ替え以外はセットリストが
ある程度固定されているという感がありますが、今回はやってくれました。
まずは、今回の日本ツアーのセットリストをご覧頂きましょう exclamation×2






























































































































































































Song2/192/222/25
Intro - Brennið Þið Vitar111
Earth Intruders222
Hunter333
Aurora4

All Is Full Of Love546
Unison
5
Pagan Poetry6
4
Immature
65
Unravel7

Undo

7
Vertebrae By Vertebrae87
The Pleasure Is All Mine

8
Jóga98
Hope
9
Hidden Place

9
Desired Constellation101010
Army Of Me111111
I Miss You12
12
Bachelorette
12
Five Years13

Who Is It
1313
Vökuró14
14
Cover Me
14

Wanderlust151515
Hyperballad161616
Pluto171717
(Encore)
Happy Birthday (Icelandic)
18
Oceania18
18
Anchor Song
19
Declare Independence192019



毎日、3分の1の曲が入れ替わるという、大出血サービスのライブですどんっ(衝撃)
しかもマーク・ベル参加という、恐るべき布陣。

更に Undo や Vertebrae By Vertebrae などレア曲も演れば、
Happy Birthday は飛び出すわ (日本語歌詞は知らなかったけどあせあせ(飛び散る汗))、
ビョークも好調で、声は伸びるわ、アリガトも連発するわで、
素晴らしいライブでした。


でも Hyper や Army や I Miss You の Post のシングルカット曲は、
さすがに凄い人気ですね。
来てる観客の年齢が随分と高いのも納得です (笑)
posted by 若松のおかみ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

まごころ

親戚の子供に半年振りくらいに会いました。

もう6歳とのことで、話していても人間感情や行動については
大人と大して変わりません。適当なことを言っても見抜かれて
しまいますし、下手を言うと傷つきます。


成瀬巳喜男のまごころを観ました。
かつて恋人だった入江たか子と高田稔はそれぞれ別の相手と結婚し、
現在は入江は貧しく、高田は裕福な生活を送っているが、それぞれの
娘が学校の同級生で仲良しという理由から、再会する話です。

この娘達は、親の喧嘩や母と祖母の会話の相違、そして入江と高田の
過去を知ることになり、ものの本質を捉え、行動します。


多くのというより、ほとんどの子供が出てくる映画というのは、
子供を過度に可愛く撮ろうとしたり、単に大人の考えるところの
善意を行わせたり、結局大人の論理を押し付ける役を与えるのみです。

しかし優れた映画監督は、子供にも大人と同様の人間の感情全てを
持たせて行動させており、それは素晴らしい作品を生み出すのです。
優れた子供映画というのは、可愛いとかそういうものではなく、
たとえそれが子供でなくても成立する映画であると思います。


まごころは、それを十分に感じさせる映画でありました。
子供が出てくる映画の人気ランキングというのが良くありますが、
トップクラスに位置づけられる映画ではないでしょうか。
もちろん、そういうジャンルを超えて素晴らしい映画です。
posted by 若松のおかみ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。