2009年10月04日

行くぞ!30日間世界一周

さて、自分は旅行に行くのが結構好きで、
たまに世界遺産を見に行ったりしています。

で、実際に世界遺産を見て、まずは過去に見た写真やテレビと同じ景色で
あることで、世界遺産に来た実感が湧いてきます。
ただ、実は自分はこの段階では大して感動は起きないのです。
では、なんで世界遺産を見に来るのか。

自分が興味があるのは、その世界遺産の周りなのです。
その世界遺産がどのような場所にあるのか、世界遺産から周りはどう見えるのか
(世界遺産を見るのではなく、世界遺産から周りの風景を見る)
そしてその周りで人はどのように生活してきたか、または現在生活しているか、
ということに非常に興味があるのです。

世界遺産、特に世界文化遺産は人類が作ったもので、通常それは単なる
芸術作品ではなく、昔から最大級に人の生活や宗教に密着してきたものであり、
それがそこにあることで人にどう関わって、影響してきたのか、
そして現代の人はそれを観光資源としつつも、それとどのような接し方を
しているのか、というのを妄想したり、見たり、聞いたりするのが、
自分にとっては最高の楽しみです。

そして、それによって自分自身のことを考えることにもなり、
それこそ自分の旅行の目的であったりするのです。


さて、最近のテレビを見ると、どこもかしこも旅行関係の番組をやっています。
それは超VIPな芸能人が、超VIPなホテルや食事をするものから、
若手芸人がバックパック背負って貧乏旅行するものまで様々です。

但しひとつ言えるのは、それらは極端な旅行の内容に思えるのです。
確かにこの世に金持ちは多いですし、貧乏旅行自慢をしたがる
バックパッカーもどの国に行っても良く見かけます。
しかし、それらはほんの一部であり、多くの普通の人がやっている
旅行とはテレビの旅行はかけ離れていると思うのです。


そうしたとき、たまたま旅チャンネルという番組を観ていたら、
実にその普通の人のやっている旅行をやっているのを発見しました。

そこでは、世界遺産などいわゆる観光地はまわり、普通の定食屋レベルの
店でローカルフードを食い、土産物屋で義理的な土産を買い、
行先などを巡って同行者と意見が割れて喧嘩をしたりします。

こういう、普通に旅行してやること、起こることが、そのまま映像に
映し出されている旅番組というのは、今まであったようでなかったの
ではないでしょうか。
ホテルにチェックインしたら、早速ブラブラと街の様子を見に行く
とこなんて最高です。まさに普通の旅行です。

そして何より、この番組は世界遺産の周りが登場しますよね。
世界遺産への道のり、周りの風景、周りの人を、普通の旅人の目線で
映しており、ここが自分がこの番組にはまる最大の理由と思います。

そんな感じで自分が行ったことあるとこ、行ったことないとこを訪ねるので、
自分が行ったことあるとこは「そうそう!」と突っ込んだりしてますし、
行ったことないとこは非常に興味を引かれてワクワクしますし、
要するに全ての映像を楽しみ見ることができています。


この番組、行くぞ!30日間世界一周という番組です。
男女3人で旅行していて、その3人がそれぞれいい味出しているのですが、
とくに紅一点の水谷さるころさんという方、この方凄いです。
行動、発言が全ておもしろく、まさに普通の人の思考を映像に具現化する
能力に秀でた人です。
いや、本人意識してるかどうか不明ですが、彼女も、彼女をブッキングした
スタッフのセンスが凄いと思いますむかっ(怒り)

兼高かおる、猿岩石、水谷さるころが、自分の中で旅番組の衝撃度トップですあせあせ(飛び散る汗)


今、旅チャンネルでは二周目が終わろうとしていますが、さすがに三周目はないですかね。
それまでは出版されているDVDや漫画で楽しみたいと思います。
posted by 若松のおかみ at 02:10| Comment(50) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。