2008年06月14日

定食屋

暇で退屈な自分の、毎日の唯一の楽しみは、食事です。
暇な上に、一日を畳一畳の上で過ごすぐうたらな自分ですが、
食事だけはどんな遠くでも出かけていくのです。


さて、本日出かけたのは、定食屋です。
この定食屋、見た目は入りにくさこの上なく、
店の中は雑多で、テーブル4つを含めたそこら中に荷物が置いてあり、
壁に書いてあるメニューは消えかけていてほとんど読めず、
あとは壁に「おススメ」と書いてある紙が貼ってあるのみ。
「おススメ」には日替わりで「ポークソテー、ハンバーグ、えびフライ」
などと書かれています。

自分が最初に行ったとき、注文を聞かれて「ポークソテー」と答えた
のですが、出てきた料理を見てメチャクチャ驚いたことを覚えています。
なんとおススメは各品ではなく、でかい鉄板に全てが乗って出てくる
のでした。しかも、それぞれが他の定食屋では単品で十分につ通用する、
いやそれ以上のデカさなのです。
これにご飯とサラダとスープという名の味噌汁がついて980円。
まさに、自分にとっての究極の定食屋です。


さて、この定食屋、実は今日で45年の暖簾をおろしてしまうのです。
店には先客数組。その後も何組か。
永年この定食屋で空腹を満たしてきた人が集まってきます。

今日の「おススメ」はロースかつとハンバーグ。
最後まで凄い組み合わせです。
鉄板に乗ってきたのは巨大なロースかつ、しかも切れていないので、
かぶりつかなければなりません。
ハンバーグも大きなハンバーグの上に目玉焼きが乗っているのですが、
良くある目玉焼き乗せハンバーグなどと歌っている他店と違い、
当たり前のように乗っています。
更にポテトにコーンにパスタまで乗っています。


このような個性的な定食屋がなくなってしまうのは、本当に残念です。
最近この定食屋の周辺には、松屋や吉野家やすき家などがどんどん
できています。

これらの店もいいのですが、最近は多様なニーズに答えるためなのか、
いろいろなメニューを出しているようです。
自分は、一軒が全ての人のニーズに答える必要もなく、それぞれの
人が自分にあった店に行くほうが良いと思うので、定食屋も個性を
持った店が好きです。
そういう定食屋を探すため、ヒマで退屈な自分は、これからも食事
だけには活動的に行動したいと思います。

kinpei.jpg
posted by 若松のおかみ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100527439

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。