2008年11月29日

市川崑、宮尾登美子、篤姫

芦花公園に向かったつもりが、隣駅の千歳烏山駅に着いてしまいました。
最初気付かずに駅前をうろうろしてたのですが、駅名見て気付きました。
京王線沿線に行ったときは、たまにやってしまいます。

早速隣駅の芦花公園に移動、向かった先は世田谷文学館です。


目当ては、市川崑展です。
古い作品の方が好きなのですが、金田一の鞄、犬神家の足などに
かなり興味をひかれてしまいます。


市川崑展の入口前では、テレビで大河ドラマ篤姫の紹介ビデオが
流れており、その横には篤姫のパネル展示も。
併設で、宮尾登美子展をやっているようです。
宮尾登美子は蔵しか読んだことありませんが、とりあえず入場。

展示していた日記が面白いです。
小説では、自伝的四部作に興味を持ちました。
帰りに受付前のミュージアムショップで櫂を購入しようとしたところ、
売り切れ。やはりみな感じることは同じでしょうか。

ちょうど当日、宮尾登美子の講演会があると受付の方に聞き、
更に展示会の半券で入れるということで、世田谷区民会館へ移動。


途中、上町でテレビに良く出るサイゴンを発見。
サイゴンカレー+ナンを注文しましたが、まあまあでしょうか。
店名の通り、ベトナムのメニューの方が良いのかも。

世田谷区民会館近くのブックオフで櫂を探すも、やはり無し。


世田谷区民会館に到着すると、
1000人以上入るホールはほぼ満席ですが、しかし老人ばかりです。
自分も同類かと思うと、悲しいばかりです。

宮尾登美子登場。
この方、話術の天才ではないかと思うくらい、興味深く聴きました。
ほぼ篤姫の話のみ延々1時間半、予定時間を越えて話されてました。

篤姫を書いた動機の話もありましたが、とりわけ講演全体の前フリ
からオチの一つに利用された、大奥明け渡し時の掃除をどうしたかの話、
そのときの滝山と御半下のやりとりはとても面白かったです。

あと、宮尾登美子展の写真は、慶喜が謹慎していた上野寛永寺の部屋に
までわざわざ行って撮ったなど。


最後に主催者の方が出てきて、最近篤姫の籠が出てきたことを例に
話していましたが、こういう丹念に資料、文献が調査された小説が
書かれ、それが評価され、話題となり、さらに新しい歴史が各地から
発掘されるというスパイラルの重要性を実感しました。

そういえば、岡山かどこかで篤姫御一行の宿泊記録が見つかった
ようですが、これもテレビの人気を利用した町おこしの作業から
の発見でしょう。
これにより、篤姫の行路が宮尾登美子の小説に書かれた海路説ではなく、
陸路説の分が強くなるのでしょうが、宮尾登美子自身もこの発見を
大歓迎することでしょう。


西新宿に移動、EVのZEPナッソー1975/2/14購入。
ここ数年の75SB物の発掘は凄まじいものがあります。


阿佐ヶ谷に移動、タイ料理ピッキーヌで、カオソーイ+カレー。
この値段でこの旨さ、昼食の分を取り返した心持ちです。
posted by 若松のおかみ at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。