2009年02月25日

クラプトン、ベック、あおい

さて先日チケットを購入した、Eric Clapton & Jeff Beck の
ジョイントライブに行ってきました。

会場はさいたまスーパーアリーナ。
以前クイーンを観ましたが、音響の悪さにもう来ることはないと思ってましたが、
まあさすがにエリック・クラプトンとジェフ・ベックなら仕方ありません。


会場につくと、オヤジの群れ。本当にオヤジしかいません。
先日の Salyu の武道館のときとは大違いです。

物販は湯呑とポロシャツを狙っていましたが、速攻売り切れ。
やっぱ金持ってるオヤジ共は違います。


ライブは、ベックはいつもの通り驚嘆の演奏。
ひとつのタッチのみでベックと判る音は健在です。

クラプトンは例の如くのアンプラグドから始まりましたが、
I Shot The Sheriffでいきなりトップギアに入り、弾きまくり。
その後のソロ、ベックとのジョイントでもハイのまんまで、素晴らしかった。


これまでのクラプトンとベックの競演では、あくまでクラプトンがバンマス、
ベックは途中でソロのパートを与えられて、クラプトンに指示されると
途端に頑張って弾くという感じでした。

しかし今回は二人は同列。
クラプトンが歌っていても、その歌メロをベックがユニゾンで併せて
いったりするのです。これまでの競演では考えられません。
日本では大人気のベック、その人気に後押しされた自信のプレイです。


もう1個、今回の収穫はタル。
堅実なリズムから渋めのソロまで弾きこなします。
決して出しゃばらないが、存在感はしっかり示す、いいベーシストです。
しかも、なんと言っても、あの可愛さハートたち(複数ハート)

ベックは何度も抱きついたりメロメロでしたが、
今後は、当然カリウタ、そしてコリアやハンコックも狙っているようで、
タル争奪戦が激しくなりそうです。

自分としては、ライブハウスでじっくり聴きたい気もするので、
ベックがフラれるのが良いかとあせあせ(飛び散る汗)


一夜明け、今度は渋谷は青山円形劇場で舞台『その夜明け、嘘。』
宮アあおい主演の3人芝居です。

3人がそれぞれ9役や6役をこなすのですが、台詞回しでキャラを変える一方で、
その切り替えはシームレスであり、面白い。

宮崎あおいは滑舌も良く、台詞回しも上手に感じました。
篤姫や少年メリケンサックで見せた、ステレオタイプなキャラ作りでなく、
稽古を重ねたのでしょうか、複数の訳も説得力のある印象。

ただギャグのセンスは、吉本菜穂子に一日の長ありです。


しかし、宮アあおいの顔の小ささは驚愕ものですね。
背が高いので一段とそれを感じます。

タル、あおいと、米日のアイドルわーい(嬉しい顔)を見られて充実の日々でした。
posted by 若松のおかみ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。