2009年03月02日

期待していった映画

最近映画館に行くのも面倒で、金もないですし、
かなり吟味した結果の映画しか映画館で観ていないのです。

しかし今日は1日ということで、以前から狙っていた映画を観てきました。


その前に、今日は小泉今日子・蒼井優・村岡希美・渡辺えり出演の舞台、
楽屋@シアタートラムのチケット発売日ということで、まずは電話。

予約完了して、早速渋谷に向かいます。


まずはPARIS@文化村ル・シネマ。
会場は満員御礼、ぎっしり満席です。

フランス映画らしい、パリの日常を描いた群像劇。
しかし、誰も彼もがサカリのついたネコのように、恋愛・エロを
中心軸として行動するため、異常に安っぽい映画となっています。
なんで人気があるのか全く不明。

ジュリエット・ビノシュ、老けましたね。
今度来日するらしいです。なんか偉い役で。


次に、キャラメル@ユーロスペース。
レバノン映画らしいのですが、フランス映画とハリウッド小品が
合体したような感じを受けます。
ベイルートの街をもっと見たいけど、まあこれは外人である自分の
勝手な言い分。

なんかエピソードが盛り込まれ過ぎていて、テンポ悪い気がしました。
しかも、PARISほどではないですが、こちらも恋愛度が高い映画と
なっています。
また、老人の恋愛と現実の問題を入れて映画に深みを出そうとした
のかもしれないけど、効いていません。

主人公の不倫の話以外は、どれもなくても良かった気がします。
一方、ショートの美容師と最後ショートにする謎のお姉さんとの
エピソードはもっと見たいし。


最近随分吟味して映画館にいくので、あまりハズレは引かないのですが、
今日はちょっとハズレでしたふらふら


ちなみに、PARISの女子大生と、キャラメルの謎のお姉さんでは、
キャラメルの謎のお姉さんの方が好みですハートたち(複数ハート)

posted by 若松のおかみ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115011191

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。