2009年04月20日

アースデイ東京

最近、食べ歩きのペースが上がっており、
しかも内容がトンカツ、ハンバーグ、パスタをターゲットにしているため、
本日は Earth Day Tokyo 2009 で健康的なものを食うことにしました。

代々木公園につくと凄い量の人。タイフェスより多い感じです。
草の根エコ活動がここまで大きくなっているに驚きますが、
一方で国や企業がトップダウンでやっているエコ活動の内容との
温度差も感じ、複雑な気分となります。


早速食い物ベースに行くと、まずリユース食器を100円で借りろということで、
凄まじい長さの行列に並びます。
なんで食器を借りるのにこんなに並ぶのかと思って観察してみました。

そこでは自分が食いたいものによって皿を決めなければならないようで、
みんな自分の順番が来てからアレコレと悩んでいるようです。
しかも窓口は二つあるようですが、それぞれの担当が二人で、
悩んでいる一人の客と一緒にあーだこーだと言いながら接客しているため、
実質窓口一つになってしまっています。

やっとこさ自分の番が来て、カレー皿を注文したところ、
今はスプーンがなく、箸しかありませんとのこと。
スプーンが切れててカレー食えないのでは?と聞いたところ、
そうですねとのこと。
どうしますか?と言うので、あまりにアホらしくなって、結構ですと
言ってその場を去ります。


仕方ないので、食い物以外のブースを回ります。
無農薬だとか、動物虐待反対とか、ヘンプだとか、途上国作の製品とか、
いろいろなブースが口を揃えて、高くてもいいもの、健康なものを買うべきだ、
と説明を受けます。

確かに正しいのでしょうが、自分の収入で彼らの勧める生活をすると、
途端に破産してしまいます。
彼らは本当にそういう生活をしているのでしょうか?
もしそうなら、エコ活動で随分稼いでいるとしか思えません。
やはりエコ活動はビジネスになるということでしょうか。

自分には、ほとんどのブースで単価が高すぎて、ついていけませんでした。


そこで貧乏な自分は、金を増やすべく渋谷場外に皐月賞に投票に。
ロジユニバースがコケて、自分もコケます。
人気被り過ぎとは思っていましたが、ここまで負けるとは思いませんでした。
これでアースデイ東京で買ったり食ったりは完全に不可能となりました。

しかし、トライアンフマーチの大外一気は先週のブエナビスタを彷彿とさせました。


アースデイ東京に戻り、喜納昌吉&チャンプルーズのライブを観ます。
喜納昌吉は数年前にチャクラで観て以来となります。

オープニングから花が演奏されます。
会場にいる人、帰りかけの人を立ち止まらせ、一気にステージ会場に
人が増えて行きます。

三線をエレキギターに持ち替え、会場一層盛り上がります。
そしてハイサイおじさん、ステージ上にどんどん人が上がり、
踊りまくります。

ラストに再度花で盛り上がり、アースジャンプで終了。
運営面とブース内容に不満はありますが、終わりよければ全てよしでした。

posted by 若松のおかみ at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117789211

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。