2007年07月16日

ルートヴィヒ、マウス、ステーキ

パソコンのマウスが壊れてしまいました。
左クリックが効かずに、TabキーとEnterキーで頑張りますが、
やっぱり限界で吉祥寺に買いに行くことに。

この前部屋を整理してたら、キムラヤの商品券が出てきたので、
これを使うつもりでまずキムラヤに。

マウスコーナーに行くと、サンプルの少なさに幻滅。
やっぱりマウスは触ってみないとわかんないですもんね。
で、結局ヨドバシに行って、沢山のサンプルいじり倒した上で、
ELECOMのpop grastに決定です。


さて、吉祥寺を歩いていると旅行代理店が目に入り、入店。
ドイツツアーのパンフレットをいくつかゲット。
昨日、映画ルートヴィヒを観て、ドイツに興味を持ったのでした。

この映画、豪華絢爛で様式美の極致なのですが、一方そこに展開
するストーリーは退廃的で、主人公の心が様々な思惑を抱える周囲
と乖離していく様子が、良く描かれています。


ヴィスコンティの映画というと、多彩な登場人物の権力闘争という
イメージですが、自分はヴィスコンティのこういうところは苦手で、
ルートヴィヒのようなあくまで個人の心情を延々と(文字通り4時間も)
描き続ける映画が合っているようです。

出演者は全て、ルートヴィヒの心情を映し出す鏡としての役割で、
特に中盤、エリーザべト役のロミー・シュナイダーがルートヴィヒ
の作ったいくつかの豪華な城の内外を歩くところは、その豪華さが
逆にルートヴィヒの自閉的内情を映し出す白眉のシーンだと思います。

しかし、このときのロミー・シュナイダーは筆舌に尽くしがたい
優雅さと美しさですね。


その後、ステーキのフォルテをのぞくと行列がなく、空席もあるよう
なので、入店。200グラムのステーキを頼んで満足です。
今日の吉祥寺は3連休の最後でもあり、台風明けで大混雑でしたが、
なぜか平日行列が出来る店が空いていて、奇妙な感じでした。

すぐ近くのお好み焼き屋の跡地に、タイ定食屋が出来てました。
今度行ってみたいと思います。
posted by 若松のおかみ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

童貞
Excerpt: おれも昨日までそうだったけど(笑) しかも34マンで買ってもらえましたが(笑)
Weblog: 童貞とか恥ずかしいし(笑)
Tracked: 2007-07-18 07:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。