2007年07月26日

ラザロ@東中野

東中野ポレポレでラザロという映画を観ました。
三部作からなる映画で、同一の主人公が格差社会を相手に
独自の方法論でそれに対処していくというテーマのお話です。

といっても、格差の原因としては旧態依然なコネや家柄から
グローバリゼーションまで、良く言われているものであって、
更に主人公の対処法というのは犯罪ですので、ストーリー的
にはベタな展開です。またカットや編集もベタになっています。


結局、この映画は別にテーマが格差じゃなくてもいい訳です。
ちょっと思いついたテーマをその勢いをそのまま映像にしちゃう、
これにベタなストーリーとベタな撮影テクニックでデコレーション
すれば作品になっちゃう、ということを示した映画の気がします。

今回、この映画の勢いというか、生々しさというか、それが
ベタによって非常に伝わってきてまして、ベタっていうのは
上手く使うと最高の効果を与えるものってのが良く解ります。


ちなみに主人公のマユミ、変身前と変身後が同一人物とは
最初全然気付きませんでした。というか、自分は先に変身後
を観たのですが、その後に変身前を観たときに、マユミいつ
出てくるんだろう?と思いながら観てたくらいです…

この役者さん、初めて見たんですが、凄い変化ですよね。
あの事務所でみかん食ってた人が後にああなるとは。
これだけでも、この映画の勢いのパッケージングの成功が
伺えますよね。
posted by 若松のおかみ at 02:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[続きを読む]
Excerpt: mixiを使った稼ぎ方を教えます!mixiを楽しみながら、○○○○するだけで、あとは、ず〜〜っとほったらかし状態。あとは、毎月毎月銀行口座にお金が振込まれるのをニヤニヤしながら確認するだけなんです。会..
Weblog: 40歳サラリーマン
Tracked: 2007-07-26 06:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。