2007年08月06日

韓流ウナギ

東久留米をウロウロしてると、うどんののぼりを発見。
看板に店の名前が全く書かれていない、赤提灯の焼鳥屋ですが、
店の前にもうどんの立て看板があるので、まずは入店。

カウンターに常連そうなおっさんが三人に、店のおばちゃん一人。
が、そのおっさんの一人がいきなりいらっしゃいと言うので、
驚いてると、なぜか店の奥に入っていきました。
調理場はカウンター内にあるようですが。

肉汁つけうどんを注文、カウンターでおばちゃんが作ってます。
出てきたうどんはまさしく武蔵野うどんです。
これが実においしいのです。かなりのレベルではないでしょうか。
奥からバタンバタンという音がするのは、さっきのおっさんが奥で
うどんをうっている?

店の外に出てみると、郵便受に、居酒屋 元 と書いてありました。
東久留米の武蔵野うどんというと、大蔵屋とか一長などが有名なん
でしょうが、こういう店もまだまだあるんですね。


大久保で韓国風のウナギを出す店があるということで、新宿へ。

どういう風に食べるのか自体知らないので、興味持って見ていると、
網の上で開いたウナギを焼き、はさみでチョキチョキ、それを
サンチュやゴマの葉っぱにのっけてコチジャンやにんにくと食うと。
これって、普通の焼肉と同じ食べ方ですね。

味の方ですが、意外とあうのです。
店の方に勧められて塩だけでも食べたのですが、これもなかなか。
ただ、やっぱり鰻重や蒲焼のがいいかな?
でも、とてもおいしかったです。

ちなみに店のアガシによると、韓国ではウナギは普通に食べられてる
そうです。地域によって食べ方がちょっとずつ異なるそうですが、
これは日本も同じですね。


店のアガシと話をしていると、春のワルツはつまらないと言ってた…
やっぱ、韓国の人には受けないんでしょうか。。。
でもチェハとフィリップが来日してたことを話すと、興味持ってました黒ハート


最近は評判の良い店ばかりに行っていて、久し振りに開拓したのですが、
そこがいい店だと満足度が高いですグッド(上向き矢印)
これを機に、またいろいろ行ってみたいと思います。
posted by 若松のおかみ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。