2007年12月16日

LED ZEPPELIN LIVE AT LONDON'S O2 ARENA part 5

Stairway To Heaven。

自分がレッド・ツェッペリンを聴き始めてから、ずっと考えてきたことがある。
自分は一生でいつか天国への階段を生で聴けることがあるのだろうか。

自分がツェッペリンを聴き始めたときには、既にツェッペリンは解散しており、
それ以降、天国への階段は、2度の再結成ライブで演奏されたのみ。
他は、ペイジがインストとして演奏していたのと、ペイジプラントで
ニュースステーションで演奏したのみに過ぎない。

当然、ライブでこの曲が聴けることは一生ないと思っていた。


その天国への階段が、今、目の前で演奏されている。
ペイジがダブルネックギターを爪弾き、プラントが歌っている。

確かにツェッペリン仲間と話すとき、好きな曲は丘の向こうにだとか、
カシミールだとか、キャンディストアロックだとか、そんな曲があがる。
ただ、それは天国への階段を置いといて、の意味なのだ。
というか、この曲はやはり別格なのだ。

Ahmet! We dit it!!
演奏後のプラントのこの言葉から、アーメット・アーティガンにとっても、
そしてツェッペリンメンバにとっても、この曲が特別であったことは、間違いないはずだ。

この感動は、一生忘れることがないだろう。


The Song Remains The Same。
天国への階段の余韻に浸る間もなく、何度となく聴いた例の音。
それだけで歓声が上がる。

Misty Mountain Hop。
この曲を演るのも予想外だが、この位置でやるのも予想外。
しかしこの曲、中後期ツェッペリンを予言する重要な曲で、自分も大好きな曲。
当然、周りと一緒に盛り上がる。

Kashmir。
カシミールがラストと言うのは、普段のプラントの、この曲こそツェッペリンの代表曲である、
という発言から予想できた。
ツェッペリンの究極形が演奏される中、会場の盛り上がりは頂点に。

Whole Lotta Love から Rock And Roll へ。
二度のアンコールは、当然ツェッペリンの必殺曲。
異常な盛り上がりの中、演奏は終了。


ステージで、ジェイソンが3人のメンバにひざまずいている。
いや、会場にいた全ての人間が、その気持ちだっただろう。

終演後に、沢尻エリカを見かけた。
満足そうな顔をして、人ごみにまぎれていた。
あの沢尻エリカでさえ、この奇跡の前ではツェッペリンに跪いたはずだ。


ライブは最高のものだった。選曲も演奏も観客も。
ペイジは段々疲れていったみたいだけど、そんなの関係ねー。
できれば、完全なるツェッペリンの再現となる Going To California なども聴きたかったと
いうのはあるけど、それは贅沢というものだ。

LZ-LEDZEPPELIN.jpg


自分は、レッド・ツェッペリンを観た。

これまで、かなりのバンドのライブを観てきた。
もちろんペイジプラントも観た。
その中には、素晴らしいバンドの、素晴らしい演奏も、多数ある。

しかし、そのライブのステージの向こう側にはいつも、
ツェッペリンのRAH70が、MSG73が、EARLS COURT75が、幻想のように見えていた。
実際にはもっと凄いライブがあるのだと、それを自分は観たことがないのだと、
常に心に引っかかっていた。


今回、自分はその最高のライブをこの眼で観た。
これで今後は、他の全てのライブを心底から楽しめるだろう。

これだけでも、ツェッペリンの再結成ライブを観た意味があった。
ツェッペリンのライブは、正に自分の人生を変えるライブとなったのだ。

posted by 若松のおかみ at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LED ZEPPELIN LIVE AT LONDON'S O2 ARENA part 4

12月10日21時

暗転した場内にレッド・ツェッペリンを紹介するアナウンスが終了した途端、4発のドラムのカウント、
そしてそして眩いライト共に、ツェッペリンの原点 Good Times Bad Times で歴史的ライブが開始される。

会場は異常な盛り上がりだ。
ロバートのボーカルが入り、場内いっそう盛り上がる。
そしてペイジのソロ。盛り上がるというより、みな絶叫状態である。


Ramble On から Black Dog へ。
オープニングはメドレーという、これまたZEPの必殺攻撃が続く。
Black Dog の掛け合い。これを何度夢見たことか。

In My Time Of Dying。
自分の最も好きな曲の一つである。
まさかやるとは思わなかった。ボトルネックが炸裂!

For Your Life。
凄くヘヴィー。まさにZEPの音。
ZEPが活動を続けていれば、ライブで取り上げられ今よりずっと評価されていただろう、
と思いを馳せながら涙ぐむ。

Trampled Underfoot から、Nobody's Fault But Mine。
これまた予想外。
初期の曲を多く演ると思っていたが、中後期からの選曲が多く、自分としてはとても嬉しい。
プラントのブルースハープが炸裂!

No Quarter。
出た!これまた必殺の曲!
後半、ペイジのテルミンも飛び出し、場内相変わらず盛り上がる。

Since I've Been Loving You。
場内、既に恍惚状態。

Dazed And Confused。
あのベース音がなった瞬間に失神。
ペイジのワウは伸ばしに伸ばして、カッコいい。
そして、遂に登場!ボウイング!!
レーザー光線が降り注ぐ中、ペイジが決めのポーズをとっているらしいのだが、
ペイジ自体にライトがあたっていなくて、見えないところがお茶目。さすがだ!!


ここで場内、再度暗転。
そして、遂にあの曲が始まる…

posted by 若松のおかみ at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LED ZEPPELIN LIVE AT LONDON'S O2 ARENA part 3

12月10日

レッド・ツェッペリンの再結成コンサートの当日である。
自分にとって、恐らく人生で十指、いや三指に入ることになるだろう重要な日である。

旅行に行くと常に暴飲暴食を行う自分だが、今回は前日は早めの夕食にとどめ、
睡眠もばっちりである。


午前中は、ロンドンの繁華街を歩く。
そこいら中にツェッペリンのTシャツを着ている人が歩いている。
彼らの手元を見ると、案の定リストバンドが付いている。

大英博物館に行くと、まっ黄色のペイジプラントのTシャツを着ている人が、
ロゼッタストーンに見入っている。もちろん、リストバンドが付いている。
凄い光景である。

まさに、レッド・ツェッペリンの再結成コンサートの当日である。


またまた万難を排して、早めにO2アリーナに向かう。
地下鉄の中でも、ツェッペリンのライブに向かう連中が騒いでいる。

O2アリーナは、時間が早いこともあって、人で溢れている訳ではないが、
やはり早めにやって来て、写真を撮ったり、Merchandiseでグッズを
買っている人もたくさんいる。

O2は、他にも丁度ツタンカーメン展をやっていたり、飲食店がたくさんあるなど、
一大イベントスペースであるが、ベンチなどはツェッペリンを観る人達が陣取り、
さっき買ったTシャツに早速着替えたり、プログラムを読んだりしている。

LZ-O2.JPG


18時過ぎに開場。
O2に入る際に鞄をX線検査されたが、全員ではないようだ。
アリーナ入場時には、ペットボトルのみチェック。飲めと言われて飲むだけ。
カメラのチェックは全然されない。

自分の席につくが、周りの外人共は早速ビールを飲みまくり、騒いでいる。
これが外人のライブの楽しみ方だな。


19時過ぎ、会場が暗転、挨拶に続き、

"Please Welcome! Keith Emerson! Chris Squire! Simon Kirk! Alan White!!"

そして Fanfare for the Common Man のあのファンファーレが高らかと。
これには会場がいきなり盛り上がる。
途中には Kashmir のフレーズもフィーチャーされ、更に盛り上がる会場。

それが終わると、Bill Wyman のバンドをバックに、
Paolo Nutini、Maggie Bell、Paul Rogers が続々と登場。
Paul Rogers は、All Right Now と Seagull を演り、いっそう会場が盛り上がる。

その次は Foreigner。I Want to Know What Love Is を演奏。


ここで会場のライトがつき、休憩に。

ステージを眺めていると、あのZOSOマーク付キャビネットが!
既に、涙目状態。

会場内にAhmet Ertegun の功績を称える映像が流れているが、
そこに Jimmy Page や Robert Plant が映るだけで、歓声が上がる場内。
既に、凄い雰囲気になってる。

そして21時、場内が暗転。遂に伝説のライブが開始された…

posted by 若松のおかみ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LED ZEPPELIN LIVE AT LONDON'S O2 ARENA part 2

12月某日

自分はロンドンのピカデリーサーカスに立っている。

土曜夜のピカデリーサーカスはもの凄い人だ。
様々な店や劇場、レストラン、バーが立ち並び、
ダブルデッカーやロンドンタクシーが引っ切り無しに走る。

霧雨っぽいひんやりとした、しかしホットな空気の中で、
本当にロンドンに来たという実感が湧いてくる。


日曜朝、O2アリーナに向かう。
ライブは明日だが、チケットの引き換えは本日から始まっている。

行列したくなければ前日か当日早めに来いという、主催者側の脅しに従い、
真面目な日本人は当然それに従う。


O2アリーナは長蛇の列。
おいおい、早く来れば行列に並ばなくてもいいんじゃないのかよ?

いや、皆、はやる気持ちを抑えることができないのだろう。
チケット受付開始しているのに、のんびり寝てたり、仕事したり、
観光したりする余裕はないのだろう。
空港から直行して来たのだろうか、トランクを抱えて列に並んでいる
アメリカ人らしき女性二人組もいる。


グッズ売り場にも行列ができているが、こちらの行列はまだ少ない。
チケットを取得した人がこちらに流れるのは容易に想像できるため、
我々はまずこちらに並んだ。

2種のプログラム、数種のTシャツ、限定ポスター、マグカップなどがあるが、どれも高い。
いや、£が高すぎるのか…
全種買いたかったが、結局プログラムとTシャツに留める。

LZ-Merchandise.JPG


チケット取得の列へ。
苗字のイニシャルの列に並ぶのだが、後ろの方ではどれがどの列か
わからない状態になっているので、適当に並ぶ。

係りの人が周ってきて、お前はどの列に並んでいるか?と聞くので答えると、
グッドといって去っていく。
さすが外国、親切なシステムだが、無駄が多いシステムでもある。

LZ-queue.JPG

A-BとかH-Lなど、列は複数のイニシャルでそれぞれ纏められている。
そうか。世界の、少なくとも西洋のイニシャルの分布はこうなっているのかと、
くだらないことに感心していると、自分の番が近づいてきた。


チケットを取得でき、興奮を抑えきれずに絶叫する人が多数いる。

日本人らしき人もちらほらと見える。
といっても、アジア人自体が圧倒的に少ない。十数人だろうか。

改めて、凄いイベントに参加しているという、実感が湧いてくる。


チケットは、注文時のオーダー番号の通知を印字した紙を見せ、
注文時に使用したクレジットカード、そしてパスポートを見せる。

無事自分のチケットが出てきて、リストバンドを付けられた。
レッド・ツェッペリンの再結成ライブのチケットをゲットしたのだ。
自分も絶叫したくなった。もちろん恥ずかしくて出来ないが(笑)


チケットの列は、まだまだ長い。
行列の横を抜けていくとき、チケットを持ち、リストバンドを付ける
自分に、行列の視線が集まる。
うんうん、分かる分かる、自分も数十分前はそうだったよ。


これで完璧。あとは明日に備えるだけである。
ちゃんと寝られるかどうかだけが心配。
posted by 若松のおかみ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LED ZEPPELIN LIVE AT LONDON'S O2 ARENA part 1

10月某日

メールをチェックしていたところ、アドレスにnoreplyとある何やら
怪しげなメールが。
中身を見たところ…


Congratulations we are very pleased to be able to offer you tickets
for the Ahmet Tribute concert at the O2 Arena in London
on the 26th November 2007.



なにぃぃぃぃぃぃいいいい!!
なんと、レッド・ツェッペリンの再結成ライブに当たったらしい。
確かに応募はしていたのだが、凄まじい数が応募していたということで、
当たるとは思っていなかった。

早速、ファンサイトの掲示板や2ちゃんねる、mixi、GREEの日記や
コミュに出向くが、当たったという人は見かけない。
迷惑・いたずらメールか。応募したメルアドが流出したのか。


しかし、まずはとりあえず、周りのツェッペリン好き何人かに声をかけ、
行くという知人がいたため、二人分で申し込んでみることにする。

そう、当選者は二人まで申し込めるらしい。会場のO2アリーナの
キャパは2万人ということなので、当選者は世界で1万人か。
いや、関係者や招待者がいるので、実際は数千人か。


指定された申し込みを行うと、飛んでいったのはTicket Masterである。
Ahmet Ertegun Tribute Concert やら LED ZEPPELIN という文字が躍る。
本当なのか…

未だに半信半疑ながら、申し込む。チケット1枚125£なり。
早速Ticket Master から

Thank you for purchasing tickets on Ticketmaster.

というメールが届く。
段々と確信に変わっていく。

後は飛行機と宿である。
まだまだ早いと思うが、万難を排すために、予約する。



数日後、以下のメールが届く。


As a result of an injury sustained by one of the band members,
the Ahmet Ertegun Tribute Concert featuring Led Zeppelin
at The O2 Arena, planned for 26 November has been rescheduled
to 10 December 2007.



なにぃぃぃぃぃぃいいいい!!
調べてみると、何と Jimmy Page が骨折、延期ということらしい。

おいおい、何やってんだよ…
早速、飛行機と宿の変更を行い、万難を排す。

飛行機の変更は近くの旅行代理店で行ったが、その帰りに寄った本屋で、
角田光代の「予定日はジミー・ペイジ」サイン会真っ最中。
何かの縁と、以前ブログに書いたように、サインを頂く。
しかも強引に「祝・ツェッペリン再結成」と入れて頂く。

http://wholelottalove.seesaa.net/article/65950643.html

kakuta.JPG


さて、ネットで行く人がいないか探していたところ、何人か行くと
いう人を発見。また、実際に連絡をとることが出来た方もいた。


これで万全。

あとは12月10日に向けて、ひたすら待つのみ。
風邪気味の人には近づかず、出掛けても安全運転を心がける日々…

posted by 若松のおかみ at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

アニメと外人

外人さんと話していたところ、日本のアニメが好きとのこと。

テレビなどで、海外で北斗の拳やドラゴンボール、宮崎駿の
ファンが大勢いるというのを見たことがありますが、実際に
好きという方に会うと、本当にそうなんだなぁと実感します。


試しに、フランスでは知らない人がおらず、ほとんどの人が
主題歌を口ずさむことができるという、キャンディキャンディ
を YouTube で調べてみたところ…

いろんな言語の主題歌が出てきました!
それぞれの主題歌に、またいろんな言語でコメントが付けら
れており、アニメが文化交流の担い手になっているというの
も肯けます。

Español


Français


Ελληνικά



日本語


posted by 若松のおかみ at 19:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

イラン映画のグレイシー一族

有楽町マリオンへ。
ALWAYS 続・三丁目の夕日を観る人達が、エレベーターの9階で
ほとんど降りる中、11階の朝日ホールまで乗ってる人はわずか。

数年前はイラン映画と言えばとても人気があり、上映も良く
されていたのですが、最近はかなり減ってきた気がして残念です。


ということで、今日は東京フィルメックスのコンペティションに
出品されている「ブッダは恥辱のあまり崩れ落ちた」を観ました。

内容はというと、アフガニスタンの少女が、隣の子が学校で学んだ
文字や物語を自分も学びたくて、ノートを買いに行ったり、学校へ
行ったりする中で起こる様々な出来事を描いたもの。

こう書くと、いわゆる初めてのお使いもののようですが、主人公の
魅力や、映画に込めたメッセージ性は素晴らしいものでした。
是非映画館で上映してもらいたいです。


ただ、主人公をより可愛らしくて滑稽に、またタリバンを真似る
悪ガキ軍団の恐怖を描くところなど、大人の都合で過剰に演出する
嫌いもあり、そこはまだ19歳の監督の若さでしょうか。

そこらへんは、同じモチーフのキアロスタミの「友達のうちはどこ」
の圧倒的に自然な演出とは、まだまだ差がありますね。

悪ガキ軍団が主人公をグルリと囲むシーンは、ショッカー戦闘員
が子供を囲むシーンが思い出され、思わず笑ってしまいました。
監督はあれを半分ギャグで撮ったのでしょうか?
これに関しては、多分そういう気がします。

あとハナ監督は好きな監督として、小津安二郎監督を挙げていますが、
悪ガキ共の戦争ごっこでの死に方は「生まれたはみたけれど」
へのオマージュだったんでしょうかね。

budda.jpg

ハナ・マフマルバフ監督は、あのパンと植木鉢やカンダハールの
マフマルバフ監督の娘でして、この一家は監督の奥さんや他の娘、
息子も、監督や脚本、俳優、プロデュースなどを行う映画一家、
しかも皆が高いレベルの作品を生み出し続けているという、
まさにイラン映画のグレイシー一族と言っても良い存在です。

その中で、父親のメッセージ性とキアロスタミの演出を感じさせる
末っ子ハナ・マフマルバフ監督は、今後本当に期待したいです。

上映後は、ロビーでたくさんの人に囲まれてにこやかにサインや
握手、写真に応えていらっしゃいました。
美人系のお姉さんと比べて、可愛い感じなのも良いです(笑)


(追記)
2009年4月、『子供の情景』の邦題で、岩波ホールほかで公開されるようです。
DVD化も期待したいところです。


posted by 若松のおかみ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

祝! ツェッペリン再結成

先日、本屋に行ったところ、行列が。

 「ジミー・ペイジ サイン会」

ベスト盤やライブ盤の発売やら、再結成ライブやらで話題の
LED ZEPPELIN ですが、JIMMY PAGE がサイン会までやるのか
と驚いて良くみると、

 「予定日はジミー・ペイジ」
  角田光代 サイン会

でした。


角田光代さんは、小説にもロックの曲やバンドが良く登場するように、
ロック好きで、レッド・ツェッペリンもお好きということです。

以前読んだ小説では、惚けた母親がニルヴァーナのネヴァーマインド
のジャケを気に入り、一日中大音量で聴きまくってる、というのが
ありました。

ニルヴァーナのネヴァーマインドの曲調とジャケ写を知らないと
その面白さが解らないという、まさに完全オタク向けの小説で
ありながら、川端賞を獲ってしまうところが、角田さんの小説
の超越的なとこだと思います。


さて、まだサイン会の整理券が残っているということと、
まだ「予定日は〜」も読んでいないということで、購入、
サインをして頂きました。


kakuta.JPG

posted by 若松のおかみ at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

「怪物」キム・ギヨン

渋谷に行ってきました。
東京国際映画祭で、キム・ギヨンの高麗葬を観るためです。

キム・ギヨンはこれまでも観るたび日記に書いています。
といっても、下女と死んでもいい経験しか観てないのですが。
暇で退屈な自分ですので、映画は良く観るのですが、
日記にまで書いてしまうというのはあんまりないのです。
それだけ、この監督の映画は衝撃的なんでしょう。


高麗葬は文字通り高麗時代の風習で、七十を過ぎた老人を
山に捨てるというものですが、実際には人間の欲と業に
よって生じたものであることが、この映画から良く判ります。

ただそれより何より凄いのは、各場面の恐ろしさとおかしさです。
十人兄弟が並んで立ってるというだけで、恐ろしく、それなのに
なぜか笑ってしまうのです。

このあたり下女と同じく、まさしく「動く梅図かずお」ですね。


他の映画も是非観たいものです。
同時上映されたキム・ギヨンを最近の韓国映画監督が語る映画に
よると、22本が現存しているとのこと。
どこか特集上映してくれないでしょうかね。


映画の帰り、会場の文化村前の雑居ビルで非常ベルがなっており、
煙が出ています。周りは人だかり。
すぐに消防車が大挙してやってきます。その数十台以上。
で、消防局がマイクで、「調理ミスでした…」

これも火事で亡くなったキム・ギヨンの怨念が引き起こした
ハプニングでしょうか。
不謹慎にも笑ってしまいました。
posted by 若松のおかみ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

肉づくし

先週末は、肉づくしとなりました。


まず土曜日は、サイボクハム。
サイボクハムと言えば、欧州で賞を獲ったり、どっちの料理ショーの
食材で使用されたりで有名な牧場で、そこではレストランで食事が
出来たり、お肉を買えたりするのです。

昼前に着き、早速レストランへ。
スーパーゴールデンポークという、最高級豚の焼肉コースを注文。
やっぱりおいしいです。

しかしそれだけではなく、その後も敷地内でモツ煮、ソーセージ。
ここのモツ煮は、はっきりいって最強です。

最後にレストランで夜用の肉を買い込んで、帰途。


日曜日は、品川の東京食肉市場まつりです。

こちらも、試食コーナー、販売コーナーがあり、到着すると既に
試食コーナーには長い行列が。
早速、福島牛のしゃぶしゃぶの列に並び、無事ゲット。
やっぱり、和牛はおいしいですね〜。

その後はモツ煮の試食。
サイボクには敵いませんが、おいしいモツ煮です。
豚の試食にはありつけませんでした。残念。


販売コーナーは、和牛、国産牛が激安。
1キロ1000円の切り落とし、400グラム1000円の切り落とし、
4枚2000円のステーキ、ロースハムなどなど、安いものを購入。

そこらのデパートやスーパーよりははるかに安いだろう銘柄福島牛
ですが、貧乏な私にとってはそれでも手が出ず。

ただ、1キロ1000円でも夜のディナーの焼肉は大満足なのでした。
posted by 若松のおかみ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。