2007年09月30日

小津、メセニー、メルドー

鎌倉芸術館のパット・メセニーとブラッド・メルドーのライブを
観るため、久々に鎌倉へ。

午前中に新宿に用事があったため、さっさと湘南新宿ラインに
乗り込んで鎌倉方面に向かったところ、会場のある大船には
とんでもなく早くついてしまいました。


仕方がないので、北鎌倉に移動、円覚寺に小津安二郎監督の
お墓参りをすることにします。

墓の周りには、相変わらずお酒やビールが大量に並び、
向かいの木下恵介監督の墓とは好対照ですね。


メセニーメルドーのライブの方は、かなり楽しめました。
メセニーはいつも通りの演奏、メルドーの方は基本的には
メセニーを意識した演奏ですが、やはりさすがの技を見せます。

このバンドはワンショットなのでしょうから、これはこれで
いいんでしょうね。ホントはもっとメルドー色を出してもらって、
メセニーがいつも通りの演奏にならなくなる方が面白いのかも
しれませんが。

ただ、今の段階でそれをやると、バンドが壊れてしまうのでしょう。
やっぱりメセニー色ってのは、強すぎるんでしょうね。
ドラムが独自色を出そうとしていましたが、バンドとして見ると
ちょっと頑張りすぎてた感もありました。
でもドラムだけ聴けば、かなり好きな演奏でした。


観音食堂の、たかべの塩焼き定食でお腹も満足し、帰路。
posted by 若松のおかみ at 01:47| Comment(0) | TrackBack(1) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンガポール料理

銀座に行ったところ、マロニエゲートというものが出来てました。
最近、銀座や丸の内など、どんどん新しい施設が出来てますね。

マロニエゲートの飲食店を眺めていると、シンガポール料理の店を発見。
最近、このシンガポール料理の店って増えていますよね。
恵比寿や水道橋にもありますし、ららぽーと豊洲 にはカヤトーストの
店も出来ました。


シンガポール料理と言えば、中華、マレー、インドの各料理と、
更にそれが融合した料理になると思うのですが、ホーカーに代表
されるように気楽に食えるジャンク料理という印象も強いですよね。

チキンライス、ボウチャイファン、ホッケンミー、ワンタンミー、
バクテー、ナシレマ、ラクサ、フィッシュヘッドカレー、サテー、
ムルタバ、ロティ、ビリヤニ、アイスカチャン、カヤトースト…

ジャンク料理が好きな自分は、書いてるだけでよだれが出てきます。


その中でも自分はジャンク度が高ければ高いほど、興味をそそります。
シンガポール料理の中でも自分が最もジャンク度が高くて最高と
思ったのはクウェイティオという幅広ビーフンの焼きそばです。

特にチャイナタウンはアモイストリートフードセンターで食べた
ものと、ゲイランで食べたものが特に最強でした。


アモイストリートフードセンターは、近くのマックスウェルに
比べると、ほとんどガイドブックには載っていないホーカーズ
ですが、昼時ともなると近辺のオフィスから大量のサラリーマン
とOLが押しかけて、凄まじいランチ戦争を繰り広げる一大
ホーカーズであります。

CIMG1961.JPG

そこの一角にある、ランチ戦争の中でも一段と長い行列を作る
クウェイティオの店は、多様な具と絶妙な油と調味料の具合で
ホントにおいしいです。

CIMG1960.JPG



一方のゲイランは、いわずと知れたシンガポールの裏の顔であり、
安くて旨いローカルジャンク料理、ドリアン屋台から娼妓館まで、
シンガポールの欲望渦巻く街であります。
そこで賑わうビーフクウェイティオは、味と油が濃く、ゲイラン
らしい極太さを感じさせる絶品です。
胃がもたれたら、隣のこれもまた有名な豆乳屋さんで豆腐花を頂き、
スッキリコースが定番ですね。


ともかく、シンガポールのジャンク料理は最高です。
シンガポール料理がブームになるのは、ある意味当然ですよね。
posted by 若松のおかみ at 01:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

インド、コミケ

先週末、西葛西に行ってきました。
西葛西は以前親戚が住んでおり、ちょくちょく来ていたのですが、
最近はとんとご無沙汰しています。

まずはカレー屋さん、スパイスマジック カルカッタへ。
ここは北口に北インド料理の店舗が、南口に南インド料理の店舗
があるという、なんとも素晴らしい有名店です。
今回は北口へ行き、マトンカレーを。

その後、たまたま見つけた食材店でビッグカルダモンとグリーン
カルダモンを安〜く買いました。


西葛西は何年か前からインド人の方々が大勢住んでいるのですが、
表立って営業しているレストランや食材店はあまりないんですよね。

地元住民との共存を大事にしていることもあるとは思うのですが、
自分としてはニューヨークやシンガポールやクアラルンプールの
ような大インド人街を期待したいところですが。


その後、お台場方面へ。
ビックサイト前の凄まじい人だかりに驚き、見てみたところ、
コミックマーケットとのこと。

これがあのコミケなんですね。
ちょっとのぞいてみたのですが、人の多さにまずびっくりです。
それも若い女性が多いですね。
アキバ系の男性が多いと思っていたのですが、どうも違うようです。

広い会場に大量のブースがあり、それぞれ同人誌を売っていますね。
有名なまんがのパロディでも買おうかと思ったのですが、何しろ
規模が膨大で、とてもどこに何があるかわかりません。

カタログが見られるところがあったので見てみたのですが、これも
また膨大で、とても素人が探せるものではありませんでした。

業界コーナーに行くといつもアキバで見かける風景が。
コスプレコーナーではみなさん楽しそうに写真を撮っています。
こちらは男性が多いですね。


しかし、これだけの規模のイベントとはこれまで思っておらず、
しかも全然知らない世界でしたので、かなり驚きでした。

たまに、たまたまやってる展示会などに入って、知らない世界
に刺激を受けるのもいいものですね。
posted by 若松のおかみ at 01:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

高級中華

最近金遣いが荒くて反省しまくりなのですが、
うまい中華が食いたくなって銀座の福臨門へ。

ここ、夜はとても来れない値段ですが、ランチは安くあるのです。
といっても、コース4830円からですが。

せっかくなんで、一つ上の7350円のやつを注文。
待ってると、何と北京ダックが終わってしまったとのこと。
でも、周りの人は皆ガンガン食ってますが??
予約せずに飛び込みで来たのなんて、自分だけってことかも…

代わりに地鶏の塩蒸しを頼むと、これが美味い!!!!
今まで食った鳥でいちばんかも…
北京ダックより、こっちのが良かったかもしれません。
あと、フカヒレ入りスープ餃子ってのもおいしかったです。


満足して、腹ごなしに近くをプラプラしてると、ソニービルで
沖縄美ら海水族館を体験できるというイベントをやってます。
そういえば、昨日もテレビでジンベイザメを水族館に運ぶ特集
をやってましたね。

沖縄美ら海水族館は以前行ったことがありますが、確かにお勧めです。
沖縄行くと、この水族館とひめゆりの塔と地元の飲み屋は外せませんよ。


近いうちに旅行でも行こうかと思ってますが、今年は沖縄で山羊か、
香港の福臨門でフカヒレか、って気分になってきた日なのでした。
posted by 若松のおかみ at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

散財しました

いろいろと買い物と食事。
お金ないのに、まずいですよ?

まずは電動歯ブラシ。
先日歯周病の恐ろしさを聞き、まじめに歯磨きをする決心を。
松下製のを買ってみました。

ブックオフ。
今日は半額ということで、先日から見かけて狙ってたベネパタの
「コンピュータの構成と設計 第3版」をゲットしに。
しかし、何と売れてしまったのか、なくなってますもうやだ〜(悲しい顔)
金曜夜にはあったんですけどね〜。土曜に売れたんでしょうか?
半額になる前日に買う人がいるとは、なかなかツワモノですよパンチ

気を取り直して、昼はスリランカ・レストラン、ディヤダハラ。
バイキングでカレー食べまくりです。
ここの大豆のカレー、めずらしくて好きなんですよ。
そういえば近くのケララバワン、またイベントやるそうです。
申し込まないと。

次に西新宿へ。Led Zeppelinのブート、Southampton UNIVERSITY。
DL面倒だし、プレスだし、3800円なんで安いもんです。
しかしこんな音源、どっから出てくるんでしょうか?

普通のCD屋(笑)へ行って、Galactic の新譜、From the Corner to the Block。
Ruckusの邦盤も再発されてて、実は持ってなかったので、同時に購入。
ちなみに昨日は年末のクアトロとO-Eastのライブの予約も。

本屋へ。
C++をまじめにやろうと思い立ち、「C++プライマー 第4版」を購入。
厚い(976ページ)! 高い(7,560円)! 難しそう!?
ホントにやるんでしょうかね??

大久保の明洞のり巻で、のり巻とラーメン。
のり巻もおいしいですけど、ラーメンがいいですね〜
麺はインスタントラーメンですよ!スープや具は多少工夫されてますが。
普通の日本の店では食べられませんよね。

腹ごなしにブラブラ韓流グッズ屋さんへ。
チャングムの医女服を着たご当地キティ・ストラップ発見。
結構な値段しますが、誘惑に負けて購入。
チャングムは来日中ということで、特別コーナーが出来てますね。
春のワルツグッズは片隅に…

来週は節制生活します禁煙
posted by 若松のおかみ at 02:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

韓流ウナギ

東久留米をウロウロしてると、うどんののぼりを発見。
看板に店の名前が全く書かれていない、赤提灯の焼鳥屋ですが、
店の前にもうどんの立て看板があるので、まずは入店。

カウンターに常連そうなおっさんが三人に、店のおばちゃん一人。
が、そのおっさんの一人がいきなりいらっしゃいと言うので、
驚いてると、なぜか店の奥に入っていきました。
調理場はカウンター内にあるようですが。

肉汁つけうどんを注文、カウンターでおばちゃんが作ってます。
出てきたうどんはまさしく武蔵野うどんです。
これが実においしいのです。かなりのレベルではないでしょうか。
奥からバタンバタンという音がするのは、さっきのおっさんが奥で
うどんをうっている?

店の外に出てみると、郵便受に、居酒屋 元 と書いてありました。
東久留米の武蔵野うどんというと、大蔵屋とか一長などが有名なん
でしょうが、こういう店もまだまだあるんですね。


大久保で韓国風のウナギを出す店があるということで、新宿へ。

どういう風に食べるのか自体知らないので、興味持って見ていると、
網の上で開いたウナギを焼き、はさみでチョキチョキ、それを
サンチュやゴマの葉っぱにのっけてコチジャンやにんにくと食うと。
これって、普通の焼肉と同じ食べ方ですね。

味の方ですが、意外とあうのです。
店の方に勧められて塩だけでも食べたのですが、これもなかなか。
ただ、やっぱり鰻重や蒲焼のがいいかな?
でも、とてもおいしかったです。

ちなみに店のアガシによると、韓国ではウナギは普通に食べられてる
そうです。地域によって食べ方がちょっとずつ異なるそうですが、
これは日本も同じですね。


店のアガシと話をしていると、春のワルツはつまらないと言ってた…
やっぱ、韓国の人には受けないんでしょうか。。。
でもチェハとフィリップが来日してたことを話すと、興味持ってました黒ハート


最近は評判の良い店ばかりに行っていて、久し振りに開拓したのですが、
そこがいい店だと満足度が高いですグッド(上向き矢印)
これを機に、またいろいろ行ってみたいと思います。
posted by 若松のおかみ at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

ラザロ@東中野

東中野ポレポレでラザロという映画を観ました。
三部作からなる映画で、同一の主人公が格差社会を相手に
独自の方法論でそれに対処していくというテーマのお話です。

といっても、格差の原因としては旧態依然なコネや家柄から
グローバリゼーションまで、良く言われているものであって、
更に主人公の対処法というのは犯罪ですので、ストーリー的
にはベタな展開です。またカットや編集もベタになっています。


結局、この映画は別にテーマが格差じゃなくてもいい訳です。
ちょっと思いついたテーマをその勢いをそのまま映像にしちゃう、
これにベタなストーリーとベタな撮影テクニックでデコレーション
すれば作品になっちゃう、ということを示した映画の気がします。

今回、この映画の勢いというか、生々しさというか、それが
ベタによって非常に伝わってきてまして、ベタっていうのは
上手く使うと最高の効果を与えるものってのが良く解ります。


ちなみに主人公のマユミ、変身前と変身後が同一人物とは
最初全然気付きませんでした。というか、自分は先に変身後
を観たのですが、その後に変身前を観たときに、マユミいつ
出てくるんだろう?と思いながら観てたくらいです…

この役者さん、初めて見たんですが、凄い変化ですよね。
あの事務所でみかん食ってた人が後にああなるとは。
これだけでも、この映画の勢いのパッケージングの成功が
伺えますよね。
posted by 若松のおかみ at 02:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

ネットでCD購入

RedHatで、LVMってのをKickStartやら、Partitionサイズ変更やら、
いろいろ試してたんですが、イマイチ思ったとおりにいきません。

あんまりネットにも情報ないし、本にもさらっとしか書かれて
いないし、まだそんなにいじってる人いないんでしょうかね?


ところで最近、HMVでCDをたくさん買っています。

少し前までは、amazonの方が大体安く、HMVは各国盤の品揃えは
凄いのですが少し高めの値がついており、音さえ聴ければ良いと
いう自分にとっては、amazonの方で買うのが通常でした。

しかし、最近はHMVが頑張ってくれています。
先日も、何と「春のワルツ」のサントラを買ってしまいました。

もともと各国盤の品揃えが良いHMVのこと、春のワルツ マレーシア盤
ってのがあり、これは日本の普通のOSTとクラシック盤という2枚組
を併せた3枚組で、しかもパッケージも凝っており、更にパンフレット
も美しいものです。

これが何と、2434円…
いちおう、輸入盤を3点買わないといけないのですが、自分のように
たくさん買う人間にとっては全く問題なく、これは安いです。
何といっても、日本盤を普通に買うと、2,625円+3150円=5775円です
からねぇ。。。


最近はこの前ブログに書いて、結局これもネットで買ってしまった
Trio Of Doom というバンドを聴いています。

面子が凄い分、最初は音の悪さと大味な感じで期待はずれかと
思ったのですが、良く聴くとそれぞれさすがのところがあり、
ちょっとハマっております。
posted by 若松のおかみ at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

ルートヴィヒ、マウス、ステーキ

パソコンのマウスが壊れてしまいました。
左クリックが効かずに、TabキーとEnterキーで頑張りますが、
やっぱり限界で吉祥寺に買いに行くことに。

この前部屋を整理してたら、キムラヤの商品券が出てきたので、
これを使うつもりでまずキムラヤに。

マウスコーナーに行くと、サンプルの少なさに幻滅。
やっぱりマウスは触ってみないとわかんないですもんね。
で、結局ヨドバシに行って、沢山のサンプルいじり倒した上で、
ELECOMのpop grastに決定です。


さて、吉祥寺を歩いていると旅行代理店が目に入り、入店。
ドイツツアーのパンフレットをいくつかゲット。
昨日、映画ルートヴィヒを観て、ドイツに興味を持ったのでした。

この映画、豪華絢爛で様式美の極致なのですが、一方そこに展開
するストーリーは退廃的で、主人公の心が様々な思惑を抱える周囲
と乖離していく様子が、良く描かれています。


ヴィスコンティの映画というと、多彩な登場人物の権力闘争という
イメージですが、自分はヴィスコンティのこういうところは苦手で、
ルートヴィヒのようなあくまで個人の心情を延々と(文字通り4時間も)
描き続ける映画が合っているようです。

出演者は全て、ルートヴィヒの心情を映し出す鏡としての役割で、
特に中盤、エリーザべト役のロミー・シュナイダーがルートヴィヒ
の作ったいくつかの豪華な城の内外を歩くところは、その豪華さが
逆にルートヴィヒの自閉的内情を映し出す白眉のシーンだと思います。

しかし、このときのロミー・シュナイダーは筆舌に尽くしがたい
優雅さと美しさですね。


その後、ステーキのフォルテをのぞくと行列がなく、空席もあるよう
なので、入店。200グラムのステーキを頼んで満足です。
今日の吉祥寺は3連休の最後でもあり、台風明けで大混雑でしたが、
なぜか平日行列が出来る店が空いていて、奇妙な感じでした。

すぐ近くのお好み焼き屋の跡地に、タイ定食屋が出来てました。
今度行ってみたいと思います。
posted by 若松のおかみ at 18:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

ドラマ「女帝」

今日はチャングム、そして今日からスタートの女帝と、
ドラマを2連チャンで見ました。

チャングムは、今度イベントがあるようですね。
主要キャストがほぼ来るようですが、ハン尚宮は来ないんですね。
あと、ヨンセンは来るみたいですが、チャンイやヨンノやヨリ、
オギョモやチャンドクなんかも呼んで欲しいところです。
シンビやクミョンはさすがに無理なんでしょうね。

とまあ、行かない人間がこんなこと言っても仕方ないですが。


さて、期待の女帝です。

以前このブログでもちょっとふれたことがありますが、
日本の表裏社会を牛耳る銀座のホステスの話です。
http://wholelottalove.seesaa.net/article/43521186.html

ayaka.gif

加藤ローサ、松田翔太、斉藤祥太など若い俳優が出演のこのドラマ、
とりあえず第1話の感想ですが…

・主人公はCMで観た限りちょっと不安だったけど、なかなかイイ!
・直人はダメダメ…
・もう佐和が出てきた。顔見せですね。
・エロシーンは意外と原作に忠実で驚き。さすがに抑えてるけど。
・結構なはしょり方。まあこんなもんか。
・トータルでは… 面白い!次週以降も期待できます。


ところで個人的にはキャストは

彩香 若尾文子
直人 仲代達矢

ってイメージなんですが、最近の俳優でこんな感じの人達って
いますかね? 最近の俳優はあまり知らないので。。。

katou.jpg

ayako1.jpg

ayako2.jpg

posted by 若松のおかみ at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。